008  2017-02-10
 “アジゴだし”の和風ラーメン+お寿司。ばりウマ!

大雪予報も出ていた寒い一日。
結局、雪はたいしたことはなく・・・臨時休校を期待していたムスメたちは学校へ。
ボクはちょい凍結した道路にビビりながらも無事お仕事行けました。

午後から唐津へ。いろいろと予定が狂っちゃって・・・お昼ご飯食べそびれ。
唐津での最後のお仕事を終え、気がつけばお時間午後3時前。お腹減ったーぁ。
場所は浜崎駅。
ここで降りたら寄りたいお店があったんです。

「三郎寿司」さん。なんどかランチで訪れたことあったんですが、最近クルマで通りかかると“和風ラーメン”のノボリが追加されていて・・・超~気になっていたんです。

場所は浜崎駅から唐津街道へ出て、少し糸島方面へ歩けばスグ。
お昼はひっそりしている通りに目立つノボリが数本。めちゃ中途半端なお時間だったので、開いてるか不安でしたが・・・開いてました!
店頭のPOPに寄ると11時~22時までの終日営業。年中無休なんだそうです。頑張ってらっしゃいますねぇッ!!

ガラッと開けるとサスガにお客さんはいない様子。平日の3時ですもんねぇ。
「ノボリの和風ラーメン食べたいんですけど」と店主さんに告げると「どうぞー」とカウンター席へ。

麺類は、うどん、そば和風ラーメンの3種類。たしか・・・うどんは以前からあったような記憶が。全て600円。
それぞれお寿司3貫がセットになった「すしセット」が800円。
もちろん、セットにするでしょー!! せっかくお寿司屋さんに来たんだから。
出してもらった熱~いお茶をズズーッといただきなら待つ。

和風ラーメンは、アジゴ。小さな鰺を出汁に使っているそうです。
“アゴだし”ならぬ“アジゴだし”。んーどんなお味なんだろ? 興味津々!

店主さんがお寿司を握っている間に、ラーメンは奥の厨房で作られていたようで、奥様が丼を運んでこられます。
「おまたせしましたー」。おぉ、思ってたのと違う! 渋~いラーメンかと思いきや・・・意外とお洒落なラーメンと言っちゃあ~失礼かな。

めっちゃ良い香り~。
まずはスープを一口。ズズッと。ぉう! 驚くほど甘ぁ~いッ! めちゃ美味し!
ベタベタする甘さじゃなく、んーなんだろうなぁ~。この甘味。
煮干し系ラーメンにあるような苦みは全くない。
たしかに和風のラーメンって感じ。

麺はちょいチヂレの黄色い麺。あまり好みの麺じゃないけど・・・このスープにはあっているのかも。ボリュームも十分で食べ応えありました。
お肉とモヤシとネギに胡麻。香りづけのレモン。
お寿司屋さんで食べる贅沢なラーメン。イイですねー。
アジゴだし恐るべし。

+200円のセットでお寿司3貫なのも嬉しいです。
ネタはタコ、鯛、イカ。ガリもたっぷりと添えられてました。
お寿司のお味は言わずもがな。ココは唐津ですからねぇ。
しかもお寿司とラーメン・・・めちゃめちゃ合います!!
これはヤミツキになりそうなセットですばいッ!

正直、ちょいネタ的に食べてみたかった和風ラーメン。
いやーこれは我ながら新たなる発見というか。
この冬・・・通ってしまいそうです。

ふぅ~温まりました。ゴチソウサマです。
気軽にランチ出来るお寿司屋さんって大好きなんです。
ますますコチラ・・・好きになりました。

しかし!外に出ると・・・めちゃ寒いッ。こんなに寒いと・・・なぜだか海が見たくなる。(笑)
ついつい浜崎海岸まで歩いてみる。
サスガに人いない。と思ったけど・・・ギャルの4人組を発見。
寒風吹きすさぶ、荒れ狂う冬の海の波打ち際でスマホ片手にはしゃいでました。
若いって・・・ウラヤマシ。

軽くウォーキングして、さっさと帰路につきました。
浜崎も歩きたくなる町の一つなんです。
正直、もう少し活気は欲しいトコロだけれども。・・・歴史深そうな風情ある街並み。虹の松原の入口。
鏡山の麓。浜崎海岸は駅から数分。
浜崎って・・・良い町だなぁ・・・。と改めて。
じっくり時間を掛けて歩いてみたいもんです。

割烹 いけす料理
三郎寿司


唐津市浜玉町浜崎1160-1   map
 0955-56-6159

 営業時間
11:00~22:00(O.S.21:00)

 定 休 日
年中無休

 JR浜崎駅より徒歩6分

良い香りが漂うラーメン!

少し縮れた黄色い麺。

セットのお寿司は3貫。

味わい深いスープ。

お醤油は甘いのと辛いの。

なんだろこの満足感。

ネタケース前のカウンター席。

二段構えのいけすと水槽。

サイン色紙が沢山飾ってあります。

唐津街道沿いに駐車場。

大人気分味わえます。

以前いただいた「ランチ寿司」。